サイボウズ式

働き方・生き方の多様な価値観に出会えるメディア「サイボウズ式(https://cybo…

サイボウズ式

働き方・生き方の多様な価値観に出会えるメディア「サイボウズ式(https://cybozushiki.cybozu.co.jp/)」の公式noteアカウントです 。カイシャ・組織、家族と仕事に関する企画をお届けします。

マガジン

  • ブロガーズ・コラム

    チームワークや働き方に関するコラムをお届けする特集シリーズです。チームワークって何だろう? チームで働くうえで大切なことって? ブロガーのみなさんの体験談をもとに、新しい価値を生み出すチームと働き方についてお伝えしていきます。

  • 長くはたらく、地方で

    サイボウズで複業をしながら、地方中心の働き方をしているサイボウズ式編集部員が、これからの仕事や人生のあり方を語る特集シリーズです。実践しているからこそ分かる気づきや発見、建前と本音を、包み隠さずありのままにコラム形式でお届けします。

  • 働きやすい会社のヘンなところ

    サイボウズではアタリマエの「ちょっとおかしい」会社の常識をお届けする特集シリーズです。公明正大、質問責任と説明責任、分報。転職してきた人や他の会社の方々が思わずびっくりしてしまうようなサイボウズの常識をマンガ形式でお伝えしていきます。

リンク

最近の記事

就職活動の時点で「自分の人生は浅い」と卑下する必要はない

就職活動の面接でよくある質問のひとつに、「学生時代にもっとも深く打ち込んだことはなんですか?」というものがあります。この質問に、あなたは自信を持って答えられますか? 強い自信を持って答えられる人も当然いるとは思いますが、答えに窮してしまう人も結構多いのではないでしょうか。 アルバイトやサークル活動などと答えてお茶を濁したとしても、「自分は学生時代、特に何も深く打ち込んではこなかった」という事実を突きつけられたような気持ちになって、あとで不安になる人もいるかもしれません。こ

    • マネジメントがつまらない人は、「ゲームマスター」の魅力に気づけ

      ご相談内容現在、仕事でマネジメントをしています。ですが個人的にはマネジメントがあまり好きではなく、どちらかといえば孤高が好きなタイプです。 同じように、マネジメントが嫌いだけどせざるを得ない状況の人はどうしたらいいのでしょうか? 会社が求める人材像と自分がやりたいことがマッチしない場合のアドバイスがほしいです。(ルイス/マネジメント層) 「マネジメントがあまり好きではない」のはなぜ?はじめまして、ルイスさん。ご質問ありがとうございます。 孤高という言葉、僕も好きなタイ

      • 「宙に浮いた仕事」を頼まれやすい人は3つのステップで対処できる

        ご相談内容まずは「宙に浮いている仕事が自分に回ってくる」問題を解決しようぱんださん、ご質問ありがとうございます。ぱんださんのように組織の中で「オールマイティに仕事を引き受けられる人」は、頼もしいですね。 「誰に任せればいいかわからない」という業務をふくめ、さまざまなタスクを処理していなければいけない日々において、オールマイティに仕事を引き受けてもらえるメンバーはとても心強い存在でもありますが、時としてみんなが甘えてしまいがちになるものです。もしかしたらぱんださんも、そんな

        • 懐かしのプロフィール帳が、チームに「一体感」を生み出す ──仕事仲間とプロフィール帳を書いたら「寂しさ」が和らいだ

          入社して半年。仕事には慣れてきたけど……サイボウズに入社して半年。気がつけば業務に慣れてきました。 サイボウズへ転職したのは「多様な個性を重視」する考え方に共感したから。かくいうわたしも、地方からリモートワークで働いています。 でも、業務に慣れて心に余裕が出てきたからなのか? 最近、なんとなく「寂しいな」と感じる瞬間も増えてきたんです。 普段の業務は、チャットやオンライン会議で滞りなく進められます。チームメンバーとも打ち解けて、雑談も楽しいです。 けど、会議が終わっ

        就職活動の時点で「自分の人生は浅い」と卑下する必要はない

        • マネジメントがつまらない人は、「ゲームマスター」の魅力に気づけ

        • 「宙に浮いた仕事」を頼まれやすい人は3つのステップで対処できる

        • 懐かしのプロフィール帳が、チームに「一体感」を生み出す ──仕事仲間とプロフィール帳を書いたら「寂しさ」が和らいだ

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ブロガーズ・コラム
          サイボウズ式
        • 長くはたらく、地方で
          サイボウズ式
        • 働きやすい会社のヘンなところ
          サイボウズ式

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          「がんばらないために工夫してきた人」が、いつだって時代を作ってきた

          はじめまして、株式会社わざわざ代表の平田はる香と申します。 2009年に長野県東御(とうみ)市に「パンと日用品の店 わざわざ」を開業し、2種類の食事パンと、2000種類を超える日用品を取り扱う店を運営しています。 2017年に法人化して現在は20名ほどが働く会社となり、昨年度の年商は2億6000万ほど。 文字通りがんばり続けてきましたが、正直、がんばるのめんどくさいなって最近は思っています。 昔から、がんばりたくない人間だった思えばわたしは、昔から「がんばりたくない

          「がんばらないために工夫してきた人」が、いつだって時代を作ってきた

          「やりたいことを日々の行動まで落とせない」のは、将来像の設定の仕方に問題がある

          ご相談内容やりたいこと・ありたい姿が漠然としていては、日々の行動までは落とせない「なんとなくこうなりたい」という将来像はあるのだけど、それを実現するために何をすればよいのかがわからない、というご相談ですね。 ずばり言ってしまうと、これは将来像の設定の仕方に問題があります。「漠然としたやりたいこと・ありたい姿はある」と書かれていますが、この「漠然と」というのが曲者で、このぐらいの粒度では日々の行動までブレイクダウンすることは困難です。 なので、まず何をすべきかというと、そ

          「やりたいことを日々の行動まで落とせない」のは、将来像の設定の仕方に問題がある

          仕事で「結果に直結するインプット」のために考えたいこと

          サラリーマン人生は「勉強」の連続です。学生じゃないのだから「勉強したくない」と思うのが人情だけど、それでも必要になってしまうのがサラリーマンという人種。 会社からの命令で取得する資格、市場価値を高めるために自主的に取得する資格、会社に依らないスキルを取得するための資格、資格にとらわれない業界や職種全般の基本・トレンドの勉強。 今回はスコアを取得してクリアするタイプのものではなく、実業務において必要になってくるお勉強について書いてみよう。 インプットとアウトプットの時差

          仕事で「結果に直結するインプット」のために考えたいこと

          「キャリアプラン」は何年で考えるのが理想?──就活でよく聞かれる「10年」は長すぎる

          就職活動の面接で、「10年後どうなっていたいか?」という質問をされることがあります。企業によっては10年のところが5年だったりすることもあるようですが、いずれにせよ準備していないと戸惑ってしまう人が少なくない質問です。 就職活動でよくこのような質問がされる背景には、働く以上はキャリアプランを意識すべきだという考えがあるのかもしれません。僕も、会社員が自分のキャリアプランを意識しながら働くことはとても大事だと思っています。それは、キャリアプランが自分の今の仕事の良しあしを判

          「キャリアプラン」は何年で考えるのが理想?──就活でよく聞かれる「10年」は長すぎる

          第1章 自由な会社に転職──よちよちぺんぎん日報

          第1話「100ペン100通り! ワクワクの初出社」第2話「わたしの希望ってなんだろう」マンガ:井上知之/企画・編集:たむら めぐ

          第1章 自由な会社に転職──よちよちぺんぎん日報

          【本文無料公開】山の上のパン屋に人が集まるわけ

          働き方、ジェンダー、教育……。 世の中の「ふつう」が、どんどんアップデートされている昨今。それに伴って、近頃「ふつう」という言葉について考えている人が多いように思います。 長野県東御市御牧原台地。 公共交通機関のない山の上で、パンと日用品の店「わざわざ」を営む平田はる香さんもそんな一人でした。 「そんな不便な場所でパン屋さん? 成り立つわけがない」。「ふつう」ならそう思うのですが、実際にはそうではないのです。年商3億。年間3万人が来店。ひとりの主婦が移動販売から始めた

          【本文無料公開】山の上のパン屋に人が集まるわけ

          「なんで、ふつうにできないの?」そう浴びせられてきた人たちへ。

          「なんで、ふつうにできないの?」 という言葉を、何度人生で浴びせられただろう。何度頭のなかで反芻しただろう。母の説教を、クライアントの怒号を、右から左に聞き流しながら、「そんなの、わたしが1番知りたいんだが〜!」と憤っていた。 「ふつう」って何やねん。どうしたらそこに到達できるのよ。散々悩んで、試行錯誤した挙句、とうとうわたしは「ふつう」になれず、会社を辞めて、フリーランスのライターとして働きはじめてから4年が過ぎた。 いまのわたしは、世間の「ふつう」にポイと匙を投げ

          「なんで、ふつうにできないの?」そう浴びせられてきた人たちへ。

          「同期の活躍にあせってしまう」君へ──目の前の仕事にていねいに向き合うことは、逃げではない

          40代のぼくが、20代の自分に伝えたいこと20代の君へ。 どうも、40代中年のぼくです。おそらく君は、いつも周りと比べてあせっていると思います。 コピーライターになりたくて広告代理店に入社したのに、マーケティング部署に配属になって、毎日、苦手な数字とにらめっこを続けている。そして、「こんな時間が、これからどのくらい続くのだろうか」と、常にモヤモヤしていることでしょう。 クリエイティブ部門に配属された同期のグチを聞いては、「好きな仕事をしているクセに何の文句があるんだろ

          「同期の活躍にあせってしまう」君へ──目の前の仕事にていねいに向き合うことは、逃げではない

          「ていねいな暮らし」をなぞる前に、自分にとって快適な状態を知ろう

          「時間とお金の使い方」を考えた30歳「働きかた」とか「暮らしかた」という言葉をよく聞くようになり、すっかり耳や目に馴染んで久しい。しかし、それについて考えようとすると、なんとなくふわっとしたイメージに留まってしまう言葉でもある。 わたしは、「働きかた」「暮らしかた」が何を指しているかといえば、つまり「時間とお金を何に使うか」ではないかと思う。 働き始めてすぐの若い頃は、仕事と休みがくっきり分かれていた。単純に、仕事の時間以外は自由時間だったし、お金は仕事で稼いで休みで使

          「ていねいな暮らし」をなぞる前に、自分にとって快適な状態を知ろう

          「やりたいこと」を言いづらいのは、一人でやりきれるか不安だから──サラリーマンのぼくが伝えたい「動機を同期する」方法

          いつまでも無邪気に「やりたい」と言ってられない問題『必ず手に入れたいものは、誰にも知られたくない』という歌がある。 若い頃、ぼくはこの歌詞の意味があまりよくわからなかった。手に入れたいものがあるなら、できるだけ色んな人たちにそれを知らせれば、自然とチャンスが巡ってきて、いつかは手に入れることができる。そういう風に思っていたし、実際にそういう経験を何度もしてきた。 ところが、年を取って体力が落ち、子育てが忙しくなると、24時間仕事のことばかり考えられない。いつまでもそうい

          「やりたいこと」を言いづらいのは、一人でやりきれるか不安だから──サラリーマンのぼくが伝えたい「動機を同期する」方法

          「分かりあえない」から前に進むには? 大切なのはショートカットせずに向き合うこと

          「多様性」、幅広すぎませんか最近よく耳にするようになった「多様性」という言葉。 「多様性」ってなに? と問われたとき、年齢や性別といった「属性」的な面であったり、ライフスタイルや価値観といった「思想」面での違い、というようにまとめると伝わりやすいかもしれません。 でも、わたしたちの「違い」をフォローするために、「多様性、大事だよね!」と単語ひとつでカバーしてしまうのは、あまりに安直で、幅が広すぎる。そう思うことはありませんか? たとえば、わたしは働く母親なのですが、同

          「分かりあえない」から前に進むには? 大切なのはショートカットせずに向き合うこと

          上司からの「仕事の丸投げ」がなくならないのは、あなたが期待に応えているから

          ご相談内容なぜ人は仕事を丸投げしてしまうのか?仕事を丸投げされると、本当に困りますよね。僕も会社員時代に、仕事を丸投げされて途方に暮れたことが何度かあります。僕もあなたと同じようになんとか自力で解決してみたものの、しなくてよい苦労をさせられた気持ちになって、だいぶ気力がそがれたことを覚えています。 実際のところ、仕事を丸投げする上司は非常に多いように思います。僕自身も過去にそういった上司にあたったことがありますし、知人などから似たような悩みを聞くこともあります。もしかした

          上司からの「仕事の丸投げ」がなくならないのは、あなたが期待に応えているから