サイボウズ式

働き方・生き方の多様な価値観に出会えるメディア「サイボウズ式(https://cybo…

サイボウズ式

働き方・生き方の多様な価値観に出会えるメディア「サイボウズ式(https://cybozushiki.cybozu.co.jp/)」の公式noteアカウントです 。カイシャ・組織、家族と仕事に関する企画をお届けします。

マガジン

  • ブロガーズ・コラム

    チームワークや働き方に関するコラムをお届けする特集シリーズです。チームワークって何だろう? チームで働くうえで大切なことって? ブロガーのみなさんの体験談をもとに、新しい価値を生み出すチームと働き方についてお伝えしていきます。

  • 長くはたらく、地方で

    サイボウズで複業をしながら、地方中心の働き方をしているサイボウズ式編集部員が、これからの仕事や人生のあり方を語る特集シリーズです。実践しているからこそ分かる気づきや発見、建前と本音を、包み隠さずありのままにコラム形式でお届けします。

  • 働きやすい会社のヘンなところ

    サイボウズではアタリマエの「ちょっとおかしい」会社の常識をお届けする特集シリーズです。公明正大、質問責任と説明責任、分報。転職してきた人や他の会社の方々が思わずびっくりしてしまうようなサイボウズの常識をマンガ形式でお伝えしていきます。

リンク

最近の記事

「新卒一括採用だと面白い人が入ってこない」は本当か?

ご相談内容採用について、ここ数年は学歴であったり、同じような感じの学生が採用されているように感じています。突拍子もないような一芸を持っている(とにかく元気、あんまり賢くないけど愛嬌があるなど)人がいても良いのではないかと思います。 採用プロセスも画一化せずに、いろんなパターンがあってもいいのではないでしょうか(例えば、学生にどのパターンの面接を希望するか選択させるなど)。 これまでに面白いと思った採用などがあれば教えてほしいです。(ミドリムシ・リーダー/マネジメント層)

    • 誰かを惹きつけている人は、誰かに嫌われている──「人を惹きつける」とはどういうことなのか?

      ご相談内容はじめまして、極楽蝶さん。ご質問ありがとうございます。 いろいろと思われていることがありそうですね。こんなときは僕もスナックの一日パパをやってみて、カウンター越しに極楽蝶さんから直接お話を聞いてみたくなります。 さて、ざっくりとまとめさせていただくと「日の目を見たい」という極楽蝶さんのメッセージを受け取りました。たぶん自分がやっていることを「他人にもっと見てもらいたい! もっと認められたい!」ということなんでしょう。これは恥ずかしいことではなく、当たり前のこと

      • 最速で新しい職場環境に適応するための技術

        異動や転職といった事情で、今までいたチームを離れて新しいチームに移らなければならなくなることがあります。環境が変われば、また新しくいろいろなことを学習し、環境に適応していかなければなりません。仕事のやり方を覚えることはもちろん、人間関係も基本的には最初から構築しなおす必要があります。 僕が以前働いていた会社は異動がかなり頻繁にある会社だったので、僕自身何度かチームを移る経験をしています。すばやく新しいチームに適応できた異動もあれば、なかなか新しいチームになじめずに苦労した

        • 仕事の「しくじり」は悪ではなく、ヒントの宝庫

          リーダーの役割ってなんだろう?こんにちは、はせおやさいです。 新しい季節、異動などでチームやプロジェクトのリーダーになる人も多いのではないでしょうか。 いざリーダーになってみて改めて思うのは、「リーダーの役割ってなんだろう?」ということ。わたしが教えてもらったのは「マネジャーの役割は、部下の給料をあげること。リーダーの役割は、与えられた目標を達成すること」でした。 マネジャーはマネジメントをする際、それぞれのメンバーが正しく成果を出し、出した成果をもとに上司に掛け合い、

        「新卒一括採用だと面白い人が入ってこない」は本当か?

        マガジン

        • ブロガーズ・コラム
          49本
        • 長くはたらく、地方で
          10本
        • 働きやすい会社のヘンなところ
          11本

        記事

          「的はずれなキャリアプラン」を立てないためには、何が必要か?

          就職活動の面接の定番に「10年後どうなっていたいか?」という質問があります。また、会社のキャリア面談にて「どんなキャリアパスを積んで5年後を迎えたいか?」と聞かれることは多いでしょう。 僕個人は「それっぽいこと」を語って済ませてきましたが、本音ベースで言えば分かるはずがないという思いがありました。 たしかに成長という言葉を使わなくとも、中長期的な目標を設定することは重要です。目的地が明確だからこそ時間を無駄にしないし、余計な回り道をしないで最短で目標を達成することができ

          「的はずれなキャリアプラン」を立てないためには、何が必要か?

          「就職活動に失敗したら人生終わりだ」なんて考えすぎ

          就職活動中の学生さんと話していると、たまに「自分は絶対に企業選びに失敗したくない」と言われることがあります。 最近は、ブラック企業のような社員を使い潰す企業の存在がニュースなどでも取り上げられていますので、「企業選びに失敗したくない」という学生さんの気持ちは痛いほどよくわかります。そういうひどい企業を避けようとするのは当然です。僕も、明らかに悪い噂しか聞かない企業を受けようとしている学生さんがいた場合には、やめたほうがいいとアドバイスをすることはあります。 ただ、そうい

          「就職活動に失敗したら人生終わりだ」なんて考えすぎ

          仕事の本質は「いかにラクをするか」

          真面目に仕事をするのは楽しい気付けばもう2016年も、半分が終わりました。新しい配属先や仕事に馴染んで、仕事が軌道に乗り始めた頃でしょうか。新入社員のみなさんは、会社に入ってから3ヶ月を終えたところですね。 新しい環境に入って3ヶ月というのは、自分がいる場の勝手がだいぶ分かってきて、すべきことが見えてくるタイミングかもしれません。与えられた新しい仕事が自分の手に馴染み、おそるおそる踏んでいたアクセルも、自信を持ってグッと踏み始めると同時に、気付けば残業が増えていた……なん

          仕事の本質は「いかにラクをするか」

          仕事のピンチで急所を押さえられる人材、押さえられない人材は何が違うのか?

          仕事が好きな人、仕事が嫌いな人、どうでもいい人。色々な人がいると思いますが、働いているかぎりは誰もが出くわすモノ。それは"ピンチ"ではないでしょうか。 ものすごく絶好調ですべてがチャンスに見える日々を送っているかと思えば、タイのスコールのように急に手のひらを返してくる存在がピンチというものでしょう。 少し言葉を変えて<仕事がヤバイ状態>と書きましょう。 こういった"すべての歯車が狂ったシチュエーション"に陥ってしまったとき、メンバー全員で対処法だけに専念しているケース

          仕事のピンチで急所を押さえられる人材、押さえられない人材は何が違うのか?

          自分の時間をコントロールするためには「ズレのない見積もり」が欠かせない

          ご相談内容らいおんさん、こんにちは。就職活動は順調ですか? 異なるキャリアを見て行く中で、タイムマネジメントの重要性に気付くなんて、素晴らしいですね。のほほんとしていた自分の就活時代を思い出して、なんだか恥ずかしくなってしまいました。 さてご質問ですが、まさにおっしゃる通りで、社会人になると複数タスクをいかにコントロールするか、がとても重要です。タイムマネジメントのテクニックについては、ガントチャートを使う、付箋を使う、アプリを使う……など、さまざまな選択肢がありますが

          自分の時間をコントロールするためには「ズレのない見積もり」が欠かせない

          就職活動の時点で「自分の人生は浅い」と卑下する必要はない

          就職活動の面接でよくある質問のひとつに、「学生時代にもっとも深く打ち込んだことはなんですか?」というものがあります。この質問に、あなたは自信を持って答えられますか? 強い自信を持って答えられる人も当然いるとは思いますが、答えに窮してしまう人も結構多いのではないでしょうか。 アルバイトやサークル活動などと答えてお茶を濁したとしても、「自分は学生時代、特に何も深く打ち込んではこなかった」という事実を突きつけられたような気持ちになって、あとで不安になる人もいるかもしれません。こ

          就職活動の時点で「自分の人生は浅い」と卑下する必要はない

          マネジメントがつまらない人は、「ゲームマスター」の魅力に気づけ

          ご相談内容現在、仕事でマネジメントをしています。ですが個人的にはマネジメントがあまり好きではなく、どちらかといえば孤高が好きなタイプです。 同じように、マネジメントが嫌いだけどせざるを得ない状況の人はどうしたらいいのでしょうか? 会社が求める人材像と自分がやりたいことがマッチしない場合のアドバイスがほしいです。(ルイス/マネジメント層) 「マネジメントがあまり好きではない」のはなぜ?はじめまして、ルイスさん。ご質問ありがとうございます。 孤高という言葉、僕も好きなタイ

          マネジメントがつまらない人は、「ゲームマスター」の魅力に気づけ

          「宙に浮いた仕事」を頼まれやすい人は3つのステップで対処できる

          ご相談内容まずは「宙に浮いている仕事が自分に回ってくる」問題を解決しようぱんださん、ご質問ありがとうございます。ぱんださんのように組織の中で「オールマイティに仕事を引き受けられる人」は、頼もしいですね。 「誰に任せればいいかわからない」という業務をふくめ、さまざまなタスクを処理していなければいけない日々において、オールマイティに仕事を引き受けてもらえるメンバーはとても心強い存在でもありますが、時としてみんなが甘えてしまいがちになるものです。もしかしたらぱんださんも、そんな

          「宙に浮いた仕事」を頼まれやすい人は3つのステップで対処できる

          懐かしのプロフィール帳が、チームに「一体感」を生み出す ──仕事仲間とプロフィール帳を書いたら「寂しさ」が和らいだ

          入社して半年。仕事には慣れてきたけど……サイボウズに入社して半年。気がつけば業務に慣れてきました。 サイボウズへ転職したのは「多様な個性を重視」する考え方に共感したから。かくいうわたしも、地方からリモートワークで働いています。 でも、業務に慣れて心に余裕が出てきたからなのか? 最近、なんとなく「寂しいな」と感じる瞬間も増えてきたんです。 普段の業務は、チャットやオンライン会議で滞りなく進められます。チームメンバーとも打ち解けて、雑談も楽しいです。 けど、会議が終わっ

          懐かしのプロフィール帳が、チームに「一体感」を生み出す ──仕事仲間とプロフィール帳を書いたら「寂しさ」が和らいだ

          「がんばらないために工夫してきた人」が、いつだって時代を作ってきた

          はじめまして、株式会社わざわざ代表の平田はる香と申します。 2009年に長野県東御(とうみ)市に「パンと日用品の店 わざわざ」を開業し、2種類の食事パンと、2000種類を超える日用品を取り扱う店を運営しています。 2017年に法人化して現在は20名ほどが働く会社となり、昨年度の年商は2億6000万ほど。 文字通りがんばり続けてきましたが、正直、がんばるのめんどくさいなって最近は思っています。 昔から、がんばりたくない人間だった思えばわたしは、昔から「がんばりたくない

          「がんばらないために工夫してきた人」が、いつだって時代を作ってきた

          「やりたいことを日々の行動まで落とせない」のは、将来像の設定の仕方に問題がある

          ご相談内容やりたいこと・ありたい姿が漠然としていては、日々の行動までは落とせない「なんとなくこうなりたい」という将来像はあるのだけど、それを実現するために何をすればよいのかがわからない、というご相談ですね。 ずばり言ってしまうと、これは将来像の設定の仕方に問題があります。「漠然としたやりたいこと・ありたい姿はある」と書かれていますが、この「漠然と」というのが曲者で、このぐらいの粒度では日々の行動までブレイクダウンすることは困難です。 なので、まず何をすべきかというと、そ

          「やりたいことを日々の行動まで落とせない」のは、将来像の設定の仕方に問題がある

          仕事で「結果に直結するインプット」のために考えたいこと

          サラリーマン人生は「勉強」の連続です。学生じゃないのだから「勉強したくない」と思うのが人情だけど、それでも必要になってしまうのがサラリーマンという人種。 会社からの命令で取得する資格、市場価値を高めるために自主的に取得する資格、会社に依らないスキルを取得するための資格、資格にとらわれない業界や職種全般の基本・トレンドの勉強。 今回はスコアを取得してクリアするタイプのものではなく、実業務において必要になってくるお勉強について書いてみよう。 インプットとアウトプットの時差

          仕事で「結果に直結するインプット」のために考えたいこと